2013年07月30日

127富士山展望台「天上山公園ナカバ平」


河口湖畔のロープウエイの名称は「天上山公園カチカチ山ロープウエイ」。
その天上山公園の中腹に、「ナカバ平」という富士山展望地があります。


s1DSCN2851.jpg
上り口の目印は「護国神社」です。河口湖駅から歩いて10分くらい、
車だと数台停まれる程度のスペースもありますが、道は狭いです。


s10DSCN2850.jpg
階段前には案内看板もあります。ロープウエイで山頂に登り、
下ってくるという方も多くいます。


s3DSCN2849.jpg
護国神社からナカバ平まで、今年は咲きがあまりよくありませんでしたが、
アジサイが群生しています。


s5DSCN2872.jpg
護国神社から15分ほど歩くとナカバ平です。取材したのは7月11日
でしたが、わずかにアジサイが咲いていました。


s6DSCN2863.jpg
天上山といえば太宰治のカチカチ山で有名ですが、ここナカバ平にも
太宰の文学碑があります。短く「惚れたが、悪いか」とありました。


s7DSCN2864.jpg
碑の前に出てみると富士山はこんな感じ。なかなかの景色です。


s8DSCN2869.jpg
少し別な位置から。この日もカメラマンが数名、手前のアジサイに
陽が当たるシャッターチャンスを狙って待っていました。


s9DSCN2870.jpg
富士山の反対側には河口湖と御坂の山々。河口湖で少し時間が
あったら、散歩がてら訪問してみたらいかがでしょうか。




posted by 事務局スタッフ at 09:49| 富士山ビュースポット

2013年07月29日

126富士山麓にパリの町並み出現!


富士山麓に7月27日(土)、つまり明日、パリの町並みを再現した
テーマパークがオープンするので一足早く見てきました。


2s町並みIMG_7903.jpg
1s町並みIMG_7902.jpg
カフェやショップが立ち並ぶここは「リサとガスパール タウン」で、
場所は富士急ハイランド入園口近く(無料ゾーン)にあります。


3sカフェIMG_7864.jpg
タウンの一画のカフェ。本当にパリの町のようです。
(行ったことはないけれど)。


4sアコーディオンIMG_7882.jpg
こちらでは軽快なシャンソンを奏でるアコディオン弾き。楽しそうです。


5s着ぐるみIMG_7905.jpg
あちらでは、タウンの主役リサとガスパールが子供たちと遊んでいます。


9sショップIMG_7893.jpg
ショップにはリサとガスパールお気に入りグッズやお洒落な雑貨が
所狭しと並んでいます。


6s記者発表IMG_7853.jpg
ショップの2階が賑やかなので上がってみました。何やら記者会見が
行われているようでした。


7s作者夫妻IMG_7858.jpg
何と作者のアン・グットマン氏とゲオルグ・ハレンスレーベン氏です。
「パリそっくりに町なみが再現されてうれしい」とお話されていました。


8s新東名記念作品IMG_7886.jpg
犬でもうさぎでみない不思議でキュートな女の子「リサ」と男の子
「ガスパール」のおりなす物語は、人気の絵本シリーズになっています。


10sトマトとクリームソースのガレットIMG_7880.jpg
レストランには約30点の絵画が展示され、その中で、ここでしか食べら
れないオリジナルメニューが楽しめます。(写真はトマトとクリームソースのガレット)


11sケーキIMG_7876.jpg
ケーキもとてもおいしそう!


14sIMG_7868.jpg
12sメリーゴーランドIMG_7866.jpg
広場には25分の一サイズのエッフェル塔や、実際にパリの町にも
実在するカルーセルも楽しめます。


13s乗り物IMG_7870.jpg
「パリカート」に乗れば、まるで絵本の世界に入り込んだような
ワクワク楽しい時間が過ごせます。


sIMG_16.jpg
sIMG_15.jpg
最後にもう一度町並みの様子。当初、小さな子供向けの施設かと
思いましたが、大人も十分楽しめる新スポットでした。

詳しくはこちらからどうぞ
http://www.lisagas-town.jp/

7月26日にアップしたつもりでしたが、不具合がありオープン後の
紹介となってしまいました。お詫び申し上げます。






posted by 事務局スタッフ at 08:36| 富士五湖探訪

2013年07月26日

125富士登山 いよいよ頂上へ!


海抜3000mの富士山八合目まで上ってきました。ここからは
距離は短いのですが、勾配はきつくなってきます。


31s0936ブル到着DSCN3070.jpg
山小屋のすぐ近くまでブルドーザが入り、たくさんの物資が
若い人たちの手で運ばれていきます。


32s1023元祖室DSCN3089.jpg
33s1029食行身禄入定DSCN3098.jpg
山小屋「元祖室」にも鳥居があります。その先の社は富士講中興の
祖といわれる「食行身禄」が入定した場所です。


35s1057これより境内地DSCN3113.jpg
本八合目トモエ館横の石碑に「本八合目 これより先浅間大社境内」
とあります。須走口登山道とも合流し、いよいよ山頂が近づいてきました。


36s1110下山路見えるDSCN3119.jpg
この辺り、左手に須走方面の視界が開け、下山道を下る人たちの砂煙も
見えます。疲れた体は「早く自分も下りたいナ」と言ってます。


37s1124鳥居9合目DSCN3126.jpg
九合目の鳥居が見えます。次の目標地点はあの鳥居です。


38s1221頂上直下の鳥居DSCN3129.jpg
遠くに見えた鳥居にやっと到着。ここまでくればあとは、「あと一歩、
あと一歩」と頑張っていけば何とか頂上に行きつきます。


39s1224登ってきた道を振り帰るDSCN3131.jpg
振り返ると後続の人たちが続々と登ってきます。
比較的すいた時間帯ですが、それでも大勢の人が歩いています。


40s1224浅間神社奥宮DSCN3132.jpg
ついに頂上。富士山五合目からちょうど6時間かかりました。
久須志神社でまずは無事登頂のお礼をしました。


41s1243山頂山口屋DSCN3138.jpg
吉田口・須走口頂上の様子です。たくさんの人が休憩しています。
山小屋の人に聞くと」久しぶりの好天だそうです。ラッキーです。


43s1306金名水DSCN3144.jpg
疲れた体に鞭打って「御鉢めぐり」と言われる頂上一周コースを
歩きました。最初のポイントは御殿場口頂上「銀名水」です。


44s1306山頂郵便局DSCN3143.jpg
山頂郵便局。もともと富士宮口頂上にありましたが、工事の為
3年間、御殿場口頂上に移動しているとのこと。


45s1312浅間大社奥宮DSCN3148.jpg
富士宮口頂上。富士山本宮浅間大社奥宮が鎮座します。
先程の久須志神社はこちらの末社です。


46s1315信仰場所DSCN3150.jpg
近くに祠がありました。特に表示もありませんが、富士講の道者たちは
このような場所でも祈祷をしたのでしょうか。


47s1321剣ヶ峰DSCN3152.jpg
富士山の絶頂。3776mの剣ヶ峰迄もう一息です。見かけよりはきつい
坂道でたどりつくのは結構大変です。


48s1333山頂にてDSCN3155.jpg
ここで筆者紹介。バックは山頂火口壁です。先日、NHK「マサカメTV」に
出演しました。見た方、いますか?


49s1352御鉢めぐりDSCN3162.jpg
御鉢めぐり後半は火口の中を横断するような感じで歩きます。
剣ヶ峰や白山ケ岳など、周囲の山々を見上げるような感覚です。


50s1403銀名水DSCN3166.jpg
「金名水」です。近づく人もごく少ないようです。構成資産「山頂の信仰
遺跡群」の中核でもあるのですが、登山者の意識の外にあるようです。


51s1451下山路DSCN3173.jpg
このあともう一度、吉田口・須走口の頂上に戻って、そこからは一気に
下りに入ります。登るときに見た下山路を砂ほこりにまみれて歩きます。


sDSCF5462.jpg
途中の「本八合目」で道が分かれます。間違えると大変なので、かなり
大きめの看板があります。もちろん黄色に沿って左に曲がります。


53s16007合目トイレDSCN3179.jpg
下りはずっとジグザグのブル道を歩きます。いささか飽きてきた
ころ、7合目のトイレに到着。ちなみにトイレ利用協力金は200円。


54s1657五合目DSCN3184.jpg
そして富士山五合目に戻ってきました。下りは2時間30分でした。

途中、岩場もありましたが、ゆっくり登れば富士山はだれでも登れる
山だと思います。今回は日帰り登山でしたが、1泊して御来光を見る
登り方もお勧めです。ぜひ一度富士山にチャレンジしてみてください。

なお、富士登山に関してこちらのサイトをご覧ください。
フジヤマNAVI http://www.fujiyama-navi.jp/fujitozan/


posted by 事務局スタッフ at 15:20| 富士五湖探訪